瓦屋根からの雨漏り発生原因と対処方法

瓦屋根からの雨漏り発生原因と対処方法

瓦屋根からの雨漏り発生原因と対処方法をお伝えします。

瓦屋根から雨漏りが発生する原因には、瓦の不具合と劣化や下地材の腐食といった、経年劣化や台風が直接的な原因となって発生するものが多いです。ここでは、瓦屋根からの雨漏り発生原因と対処方法について記載します。
 目次:
  1:瓦屋根からの雨漏りの発生原因
  2:瓦屋根からの雨漏りの対処法
  3:雨漏りが起きる前のメンテナンスが大切

1:瓦屋根からの雨漏りの発生原因

瓦屋根からの雨漏り発生原因は瓦の不具合によるものが多くあります。瓦の不具合については、瓦自体はとても割れやすく、台風などで様々な物が飛ばされて、飛ばされてきたものが当たったりすることで、簡単に割れてしまいます。他にも台風や防風などの強い風が原因となって、固定されている瓦が動いてしまったり、ずれてしまうこともあります。このような原因から瓦が割れたりヒビが入ったりずれたりすると、下地材の部分に雨が侵入しやすくなります。基本的には瓦がずれたり割れたりなどで、雨が下地材の部分まで侵入した場合でも、下地材が雨漏りを防ぐ役割を果たします。しかし経年劣化によって、下地材がボロボロになっていたりすると、下地材でも雨の侵入を止めることが出来ずに、雨漏りが発生します。

2:なぜ、雨樋修理に火災保険が使用できるのか?

対処法としては、割れてしまったりヒビが入ってしまった瓦を、新しくて状態の良いものに交換したり、ボロボロになっている下地材を、新品のものや性能の良いものに変えることで、経年劣化や台風が原因による雨漏りに対処できます。軽度のヒビが入っている程度であれば、ホームセンターなどに売っているパテを使って修理することも可能ですが、中途半端な修理だとヒビが広がったり、逆に状態が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

3:雨漏りが起きる前のメンテナンスが大切

一度、雨漏りしてしまうと、工事費用は高くなってしまいます。瓦屋根の場合は、スレート屋根と比べて雨漏りしやすい状況になりやすいので、雨漏りが起きる前のメンテナンスが大切になります。

雨樋修理・交換に関するご質問・お見積り・ご相談 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。