屋根の雨漏りは放置して起きるリスクと対応策

屋根の雨漏りは放置して起きるリスクと対応策

屋根の雨漏りは放置して起きるリスクと対応策をお伝えします。

雨漏りを放置していると、そこから様々なリスクが生じてきます。今回は、どのようなリスクが起きるのかを中心に記載をしていきます。

 目次:
  1:建物に関するリスク
  2:人体に関するリスク
  3:雨漏りが起きたときの対応策は?

1:建物に関するリスク

雨漏りが生じて、放置していると雨が降るたびに室内が水浸しになります。その状態が、継続的に生じると、建物全体が使用できない状態になってしまったりしてしまいます。家は、外側の雨や風には強い構造になっていますが、内側に水や風が入るのを前提に作られていないので、内側からの雨漏りには非常に弱いのです。

結果、対策をせずに放置してしまうと天井を中心として壁に至るまでシミが起こり、屋根や天井裏などを通過した雨水も相まって濡れた部分の見栄えが悪くなります。
しかも、一度でもシミが発生するとクロスを貼り直したとしても再び剥がれやすくなるため、金銭的な負担が大きくなったり大々的な工事を必要とします。
そして、雨漏りは天井裏などの湿度を高くするので建物を構築している木材などの耐久性が低くなってしまう上にカビも発生します。
カビは発生するとカビを餌にしているダニも発生する事例が多いため、カビとダニによって天井裏などから強い臭いが感じられるようになります。
また、カビは臭いを発生させる事に限らず木材を腐らせてしまう菌も発生させる特徴を有していて、菌が発生すると木材に穴が空いたり亀裂が起こります。
穴が空いたり亀裂が起こると建物の耐久性が全体的に低くなる事に加え、腐食した箇所にシロアリが集まってくるようにもなります。
シロアリは腐食し柔らかくなった木材に集まる習性がありますが、木材だけに留まらず壁面に入れられている断熱材に至るまで食べられてしまうので、回復させる事がとても難しいです。

2:人体に関するリスク

人体に関するリスクとしては、カビが発生すると健康に影響を与えるアレルゲンが飛んだり、感染症を発症しやすくなるため健康な方でも咳が止まらなくなる事があります。、子供や高齢者においては深刻な事態に繋がりかねません。
さらに、雨漏りが起こるようになって間もない段階だとしても気を配らなければならないのが火災であり、雨水がコンセントと電源コードの間に滴ると火災が起こる事があります。

3:雨漏りが起きたときの対応策は?

雨漏りが起きたときには、すぐに業者を手配してください。放置していると、2次被害、3次被害を生み出す結果になります。そして、すぐに対応するより高くついてしまいます。また、雨漏りに関しては火災保険が使用する事が出来るケースも多々ありますので、業者に火災保険の申請手続きも同時にお願いすることをお勧めします。そうしますと、結果、実質費用を押さえて修復することができるケースが多々あります。

雨樋修理・交換に関するご質問・お見積り・ご相談 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。