屋根から雨漏りがある場合の対処法

屋根から雨漏りがある場合の対処法

屋根から雨漏りがある場合の対処法をお伝えします。

雨漏りの原因となる場所は、多くの場合が屋根です。屋根の雨漏り箇所の対処の仕方で、その後、長く家に住み続けることが出来るかどうかが大きく変わってきますので、適切な対処方法をとりましょう。

 目次:
  1:屋根の雨漏りが与える影響は大きい
  2:屋根の雨漏りで肝心なのは応急処置
  3:雨漏り箇所の特定は専門業者にお願いするのが一番
  4:大切なお家に長く住むことが出来るようにするために

1:屋根の雨漏りが与える影響は大きい

屋根から雨漏りが起きると、家の天井を痛めてしまいます。その他にも、目に見えない天井裏の断熱材、たる木、もや、小屋ばり、小屋づか、野地板、つり木に影響を与えます。すると、天井裏は湿気が抜けにくいのでカビの原因になったり害虫が住みやすい環境を生み出すことに繋がります。雨漏りを放置していると逆に高く値段がついてしまうことに繋がるのです。

2:屋根の雨漏りで肝心なのは応急処置

屋根の雨漏りが起きたときに大切になるのは応急処置です。雨漏りが発生している場所をできる限り速やかに保護してください。手に届かない箇所で雨漏りが起きている場合は、業者に応急処置を行うようにお願いしてください。雨水が滴り落ちてくる場合は、室内に2次被害が起きないようにするために雨水の落下箇所に容器などを設置して、これ以上の雨水の侵入を防ぐことが重要です。建物は水が侵入すると加速度的に劣化が進み、腐食やカビの発生の原因となりますので「雨から家を守る」ということを第一に考えて行動していただければと思います。

3:雨漏り箇所の特定は専門業者にお願いするのが一番

雨漏りが起きたときには、どこにお願いするのがいいのでしょうか?答えは、雨漏りに対応することが出来る専門業者さんが一番です。理由は、雨漏り箇所の特定は難しいからです。雨水りは小さな隙間でも入ってきて雨漏りに繋がります。専門業者さんにお願いしないと、雨漏り箇所が分からず、全く関係ない箇所を工事されたり、雨漏り箇所が分からないので、とりあえず、全体を工事しましょうとという結論になります。そうすると、余計なコストがかかったり、雨漏りが改善されなかったりします。

4:大切なお家に長く住むことが出来るようにするために

雨漏りの時に対処に関わらず、家の寿命は、様々な異常を早期に発見して適切な対処を速やかに行うことで延ばすことができるものです。雨漏りは家の劣化に最も大きな影響を与えるトラブルと言えますので、屋根の状態を定期的にチェックして常に雨漏りがないかということを気にかけておくことをお勧めします。

雨樋修理・交換に関するご質問・お見積り・ご相談 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。