雨漏りはどこから? 雨漏りになりやすい3か所

雨漏りはどこから? 雨漏りになりやすい3か所

雨漏りはどこから? 雨漏りになりやすい3か所

雨が降った時に天井から水滴が滴ったり、天井や壁紙にシミが見られる場合には雨漏りが生じているので対策を行う必要がありますが、はっきりと水漏れが生じている場所が特定できない時には生じる事例が多い場所を1箇所ずつ確認していく必要があります。どこを確認すればいいのかを記載します。
 目次:
  1:雨漏りの原因になりやすい1番は屋根
  2:意外と多いベランダからの雨漏り
  3:天窓も実は雨漏りになりやすい

1:雨漏りの原因になりやすい1番は屋根

屋根が一番の雨漏り候補になります。使用されている屋根材の品質や施工技術は従来に比べて著しく成長しているものの、日々風雨に晒されている屋根は大きな負担が生じやすいので、雨漏りの発生場所になりやすいです。屋根が原因で雨漏りが生じている時にはスレートに起こっているひび割れや崩れた漆喰、ずれた瓦がきっかけになりやすいためよく確認しましょう。
屋根が原因の場合は屋根材の品質と施工技術が高くなっているからこそ、台風や地震などにより衝撃が加わった事で発生しやすいので、台風や地震に見舞われた時には確認する習慣を持つのも良いです。

2:意外と多いベランダからの雨漏り

物件において屋根と共に常に風雨に晒される場所として挙げられるのがベランダですが、
ベランダは屋根とは異なり人が出入りするという特性上、防水を目的に塗布した塗膜が剥がれやすくひび割れなどが見られる事例が多いです。なので、塗膜が剥がれていてひび割れが起こっていると、風が強くてベランダに雨が吹き込んできた時にひび割れから雨漏りが起こる事が多いですし、排水口に枯れ葉や汚れが詰まってしまっているとスムーズに雨水が流れずに溜まってしまい、尚一層ひび割れから多くの雨水が浸透します。ベランダも雨漏りの原因になりやすい箇所になりますのでしっかり確認を行う必要があります。

3:天窓も実は雨漏りになりやすい

屋根と同様に設備自体や技術が向上した事によって雨漏りが発生し難くなっている点として天窓があるものの、屋根の中に材質が異なる窓が設けられている様子から隙間などから雨漏りが発生する事もあります。天窓から雨漏りが起こる時には、屋根と窓の繋ぎ目の部分に使用されているコーキング剤が原因になる事が多いため、10年間に1度の頻度を目安としてコーキング剤に縮みやひび割れが生じていないか確認しましょう。

以上3つが雨漏りの原因になりやすい箇所になりますのでしっかりと、定期的に点検を行うことをお勧めいたします。

雨樋修理・交換に関するご質問・お見積り・ご相談 無料 受付中!!
お気軽にお問い合わせください。